クレジットカード

利用することのメリット

買い物

プリペイドカードは日本で振り込み、海外のATMで現地通貨として受け取る通貨両替システムです。通常の手数料のわずか十分の一ほどで済み、クレジットカードのように限度額を超える心配や金銭被害にあうリスクを回避できます。

» 詳細へ

利用法と利点

買い物

海外におけるプリペイドカードと言えば、日本で事前に入金しておくことで、海外のATMでその金額分の現地通貨を引き出せるキャッシュカードとして機能するカードを指します。不慣れな海外でも多額の現金を持ち歩く必要がないのです。

» 詳細へ

一枚は用意したいカード

賢い使い方を伝授しています。海外旅行でプリペイドカードを使う時に役立つサイトです!プランや決済方法を簡単に比較できちゃいます。

海外旅行を安全に行ないたいなら、ネパールのツアー旅行をしてくれるこちらを頼るといいでしょう。プロがしっかりと案内をしてくれます。

審査がない

クレジットカード

旅行や出張で海外に行くときに、持っておきたいのが海外専用のプリペイドカードです。特徴としては、クレジットカード会社が発行しているものではあるのですが、クレジットカードと違って審査がなく年齢を問わず余程のことがない限り誰でも持つことができるカードになります。カードに入金されている金額以内で利用ができます。そのため、こどもを海外に旅行に行かせる留学に行かせるときに、現金をそのまま渡すのが不安ということもありますが、プリペイドカードを渡しておけば必要以上の金額が使われることもないですし、紛失や盗難に遭ってもそれ以上の被害額がでることはないです。それでも不足すれば、追加入金しておくことで利用ができます。

利用の注意点

海外に行く際に、便利なプリペイドカードですがカード会社によっては発行費用がかかることです。もちろん中には、発行手数料無料のカード会社もあります。発行手数料は無料でも、紛失した際の再発行には手数料がかかるケースがほとんどです。また、クレジットカードであればショッピングの都度利用金額に応じてポイントがたまります。大きい買い物をしたときなどは、その分ポイントも加算されるのですがプリペイドカードで買い物をしたときにはポイントが加算されないです。長い目で見れば、クレジットカードのほうがお得ではあるのですが、もしものときのためやクレジットカードの審査に落ちたなどのときにプリペイドカードも必須のカードといえます。

外国旅行に必須の1枚

カード

海外旅行に持って行くと便利なものの1つに、プリペイドカードがあります。これは買い物などをするときにクレジットカードと同じように使えるカードです。ただし利用限度額は前払いした分だけなので使い過ぎの心配がありません。

» 詳細へ